Taxi-broussesと音楽と(マダガスカル)

旅先でいろいろな音を耳にする。町で聞くクラクションの音、市場で聞く快活な呼び込み、森では小鳥たちが楽しそうに歌い、キツネザルは特異な声でコミュニケーションをとる。アシカはゴロゴロしながら、時折喧嘩の声をあげたり、食料をねだるかのように、声を上げる。

日常生活で、周りの音に気を配ることは多いとは言い難い。
だからこそ、旅先ではちょっと立ち止まり、耳をすませ、その土地特有の音を聞き、その音源を探してみることは新鮮で、そしてその国を知るにも役に立つ。

 

乗り合いバスでも、楽しい経験をすることができる。
ドライバーが選曲したミュージックが車内に流れると、乗客は一体化する。
ある人は音楽に合わせて歌い、ある人は音楽に合わせて体を揺さぶる。さっきまで泣いていたちびっこも、いつの間にか満面の笑みを浮かべ、手を叩き、彼なりに加勢している。
まさに、動くライブ会場と言えるだろう。

 

2019年5月、マダガスカル。
Taxi-brousses (タクシーブルース:長距離乗合バス)でいくつかの町を訪れた。
運転手によって音楽は選ばれるわけだから、同じ路線に乗ってても、全く違うキャラの車内空間となる。マダガスカル産の曲だけとは限らない。そう、全てがドライバーに委ねられているのだ。
Taxi-broussesで聞いた曲をいくつか紹介しよう。マダガスカルの風、ドライバーの個性を感じてみて欲しい。

 

MIJAH(マダガスカル)
ATAOVY HOE DIHAN°MIJAH

 

Jaojoby(マダガスカル)
E tiako

 

Soha(フランス)
Mil Pasos

 

Psy 4 De La Rime(フランス)
Le Temps D’un Instant

 

Mr Sayda(マダガスカル )
Esy E Ry Malala

 

Kalash Feat. Capleton & Admiral T(フランス)
Laisse Brûler

 

他にも賛美歌、ゴスペル(?)を流しているドライバーもいた。こちらはおおよそ国民の半分がキリスト教徒のため、みんなも知っている曲みたいで、結構な確率で口遊む人がいたように思う。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA