プエルト・モンと恋人たち

プエルト・モン(Puerto Montt)の街でひときわ目を引くのは若干怪しげな恋人たちの像”Sentados Frente al Mar(海の前に座って)”だろう。10mもあるこの巨大な像は、ウルグアイ人バンドグループへのオマージュとして2002年地元芸術家のRobinson Barríaによって作られた。

 

1968年Los Iracundosによって発表された”Puerto Montt”は当初”Por amor”になる予定だった。しかし、ツアー期間中に偶然目にした新聞広告欄、そこに記載のあったPUERTO MONTTという文字との運命的な出会いは、歌のテーマとともに、彼ら自身の運命をも大きく変えた。そしてその歌はまた、プエルト・モンを世界的に有名にするなど、大きなインパクトをこの土地に与えることとなる。

 

残念ながら作曲家Eduardo Francoはこの地を訪れることなく、この世を去ることとなるが、その美しいメロディーや少し悲しい歌詞は皆から愛され、今でも多くの人に歌われていると言う。

 

 

(スペイン語)
Sentado frente al mar
Mil besos yo le di
Despus le dije adios
Todo termina aqui
Y ella me dijo asi
Abrazame y veras
Que el mundo es de los dos
Salgamos a correr
Busquemos el ayer
Que nos hizo feliz
Puerto Montt
Puerto Montt

 

Me aleje de ti
Sin saber porque
Y yo la deje
Sola frente al mar
Bajo el cielo azul
De Puerto Montt

 

Mil violines en su voz
Susurraron un adios
Y un amor que se quedo
Perdido frente al mar
Y el viento lo llevo
Silencio sin piedad
Encontrar al volver
Mas en la soledad
Su voz me gritara
No no te vayas de mi
Puerto Montt
Puerto Montt

 

Me aleje de ti
Sin saber porque
Y yo la deje
Sola frente al mar
Bajo el cielo azul
De Puerto Montt

(英語)
Sitting on the sea front
I gave her thousand kisses
And then I said goodbye
It all ends here
And she said
Hold me and look
That was our world
Let’s get going
Let’s find yesterday
That made us happy
Puerto Montt
Puerto Montt

 

I walked away from her
Without knowing why
And I left her
Alone on the sea front
Under the blue sky
Of Puerto Montt

 

Thousands of violins in her voice
Whispering a goodbye
And a love that was left behind
Lost on the sea front
And carried away by the wind
A stillness without mercy
Finding it’s way back
But in solitude
Her voice calling
No No don’t leave me
Puerto Montt
Puerto Montt

 

I walked away from her
Without knowing why
And I left her
Alone on the sea front
Under the blue sky
Of Puerto Montt

 

なお、この像は2011年に何者かによってまるでニカーブをかぶったかの如く、顔の色を塗り替えられたことがある。今では元の色に塗り替えられているが、興味のある方は以下の記事をどうぞ。(外部リンク)

‘Los enamorados’ de Puerto Montt son intervenidos por desconocidos para lucir como encapuchados

2 Comments

  • miyachan 02/22/2019 at 1:15 AM

    この像、一見メキシコのピニャータ紙人形のようで、吊るして棒で叩けば中からお菓子が出てきそう。でも、巨大な石像?ベンチの人間と比べてすごい迫力。歌詞も謎!千回もキスをして何故別れた?愛しあって別れ?、adiosは男から?彼女の体型に何か問題でも? 像の作者、ロビンソンさんに解釈を聞いてみたい。

    Reply
    • MARINA 02/22/2019 at 8:07 AM

      確かにピニャータに見えてきました。でも、石像です。
      歌詞の背景を、探してみても面白いかもしれませんね。

      Reply

Leave a Comment

CAPTCHA