バーチャルツアー: 猴硐猫村(ホウトン)

猫たちの住む村として有名な猴硐を訪れた。この地は昔から猿(中国語で猴)が住み着いていたことから「猴洞」と呼ばれるようになった。炭鉱業で栄えていたこの土地にとっては水辺を表す「洞」の文字は縁起が悪かったらしく、現在の「猴硐」という文字を使われるようになったようだ。
ここに来ると、まるで猫たちが支配する世界に来たような気分になってしまう。それほどまでに猫づくしなのである。

猫も人には慣れている。むしろその多くが飼い猫といったところか。しっぽをピンと立てながら歩く猫、スヤスヤ眠っている猫、観光客と遊ぶ猫などいろいろな子たちを目にできる。全くもって癒される。ここではちょっとした買い物(お土産)もできるし、ゆっくりと猫を見ながらカフェで過ごすのも悪くない。

 

駅についた瞬間から猫との出会いが始まる。猫・炭鉱がこの駅の特徴。

 

駅構内だってこの通り。早速村に向かう。

 

カフェ通りを示す看板にももちろん猫が登場。

 

どのカフェで休憩しようかな。

 

オレオミルク、パンケーキ、ココア、サンドイッチを注文。サンドイッチを食べてると、羨ましそうな顔をしながら目の前を猫が通過して行った。何とも微笑ましい。
このカフェにも猫がいるようだが、私が訪問した時には外出中だったみたい。

 

「猴洞」地名の由来。

 

猫神社にて、スヤスヤ寝る猫。

 

拳法ならず、にゃんぽう。。。?

 

とにかく猫だらけ。

 

猫長さんと一緒に、同じポーズで写真を撮ってみた。

 

バス停にはすでに猫が並んでる。

 

配達だってもちろん(?)クロネコヤマト。徹底してて清々しい。

 

パイナップルケーキやクッキーは台湾名物として有名だけど、ここでは猫型のものを買える。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA