鼎泰豐(ディンタイフォン)で舌鼓

1993年、ニューヨークタイムズ紙により「世界の10大レストラン」として選ばれた鼎泰豐(ディンタイフォン)。言わずもなが、小籠包で有名な台湾料理店である。
1958年に台湾台北市で食用油を取り扱う油問屋として創業した後、1972年には後の看板メニューとなる小籠包の販売を始めた。

その人気から今では日本をはじめとしたアジア諸国や米国でも、その肉汁たっぷりの一品を口にできるようになった。

日本で口にすることのできる鼎泰豐の小籠包は疑いもなく美味しい。
それでもいつしか思うよになった。「現地の鼎泰豐も行ってみたい」と。

 

今回念願の鼎泰豐で食事を取る機会を持てた。

日本のゴールデンウィーク期間中で且つ日曜日ということもあり、本店での混雑を回避し、天母店へと向かう。到着は11時。それにも関わらず既に満席で、30分ほど待つこととなる。

 

待てば待つほど膨らむ期待。
手際良く包まれていく小籠包にいつしか目は釘付けとなり、
皮5g、アン16g、ひだ18枚で出てくるだろう小籠包の事だけしか考えられなくなった。

そしてついに夢にまでみた小籠包が、黙々とした湯気とともに運ばれてきた。

たっぷりと入った肉汁、ほとばしる肉汁、口の中に広がる肉汁
これですよ、私の求めていたものは。

場の雰囲気も相まって、日本で食べる鼎泰豐の小籠包より何倍も美味しい気がした。

 

鼎泰豐 天母店

住所

最寄駅

電話番号

営業時間

ホームページ

台北市中山北路六段77号地下1階 (SOGO天母店)

MRT芝山駅

+886-2-2833-8900

月曜日~金曜日 10:30~21:30 土曜日、日曜日と祝日 10:00~21:30

https://www.dintaifung.com.tw/

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA