1日目:韓国に行くことにした

勤労感謝の連休を利用し突如旅に出ようと思ったのは2日前のこと。なんのプランも、もちろん準備もないまま大邱という名前しか聞いたことのない土地までの航空券を購入した。相変わらずの行き当たりばったり感に若干呆れながらも、この行動力がなければ今韓国、更には大邱ではなく釜山で屋台飯に舌鼓を打っている自分などいないなと満足をしている。
なぜこんなことになったのか、話せば長いと言いたいところだが全く長くない。1日仕事を休めば4連休になる=旅でもするか と思った、ただそれだけのことだった。強いて言えばAIR BUSANが大邱行きに背中を押してくれたということくらいだろうか。

 

航空券は概ね出発日が近づいて来たり、空席数が減ってくると、チケット代金は高騰していく傾向にあるように思う。しかし、AIR BUSANはちょっと様相が違うようだ。イベントと協業し大特価でチケットの提供をしていることもあるようだが、そうでなくともどうやら出発日が近づいてくるとThunder Dealなるものが登場してくるらしい。今回はその恩恵にあやかることとした。片道4,500円、別途空港利用税が5,600円がかかるとは言え14,600円で韓国まで行けるなんてまるで夢のようだった。韓国が近いとは言え、さすがにこれは驚いた。

AIR BUSANは安いだけでなく、スタンプが貯まったり食事が出たりと極めて満足度が高い

 

ソウル以外には足を踏み入れたこともなく、更にトランジット以外での訪朝はかなりのご無沙汰だった。一時旅行のための覚えたハングル文字と会話は綺麗に忘れ去られ、看板やメニューに記載された文字はまるで異次元のものかのように思えた。それでも、心配には及ばなかった。食べたいものがあれば指をさせばよかったし、そしてジェスチャーは自分の想いを伝えるのにとても役に立った。

 

話が逸れたが、大邱ではなく釜山にいるのは韓国の友人からのレコメンデーションがあったからだ。大邱は韓国客向けのアトラクションがあるというよりも、いわゆる大都市であり、韓国初心者には釜山の方が楽しめるのではないかということだった。

大邱から釜山はこれまた近い。大邱からKTX(韓国高速鉄道)を使えば45分、大邱の空港からも1時間半もあればアクセスできる。なんて便利なんだろう。※私が乗ったのはSRT(SR社による高速鉄道)

 

今日はおおよそ移動の1日だったので、楽しみといえば町散策と食事といったところだろうか。本日食べたものをご紹介しよう。こんな毎日を過ごしていたら間違いなく太ってしまうな・・・

寒い時にはやっぱりおでん。屋台で頻繁にお目にかかる一品(1,000ウォンくらい)

 

屋台で大行列だった。イメージとしてはキッシュといったところだろうか。ベーコンのせ2,000ウォン。
シンプルな方(写真上)は1,000ウォンだった。ソースをかけて食べましょう。

 

こちらもまた大行列。シアッホットクは黒砂糖やピーナツ、ひまわりの種、くるみの入った揚げパン。
価格は1,200ウォン。揚げたてはやっぱり美味しい。

 

さっぱりした味付けの麺。ネギと海苔の風味を十分に味わえる。4,000ウォン。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA