嫉妬・・・か

視線を感じて目をやると、不機嫌な目でこちらを睨みつけている。

いやいやいやいや、いやいやいやいや。

 

私から言わせればマッサージの最中に、ムクッといきなり立ち上がりグルーミングを始めたから、その場を離れただけだった。

もうちょっと言うと、そばでまどろんでいたキラとでも遊ぼうと、ネカジャラシを手に取った、ただそれだけだった。

 

気を使って離れれあげただけなのに、この表情。

本日初めてあってちょっとマッサージしてあげた、ただそれだけの関係なのに、こんな表情をしてくれるとはありがたい。かわいい奴め。

 

左手には猫じゃらしを携えキラと遊び、右手ではこたをマッサージ。
さっきまで目が三角だったこたは、ものの1分でいびきをかきだした、とさ。

ありがとう、かわいい嫉妬を。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA