2019年ビールの秋がやってきた

ビール好きにはたまらない季節がやってきた。秋の旬の味覚に合う味わい深いビール、そして今年収穫したホップを使って作られたフレッシュなビール、それらがこぞって提供する季節となったわけだ。

店頭に色とりどりに並ぶビールは、家で何の食事と合わせるのが良いかなという思いを喚起する。街で開催されるビールイベントは日頃からビールをともにする友人たちとの距離感を、いつもとは違ったものにしてくれる。

ビール醸造所の人との会話はそのビールへの思い、歴史を知るのに良い機会となるし、尚更にそれを美味しくするためのスパイスとなる。

ブログを書いてるだけでも、心はウキウキし、ビールイベントへの思いが強くなる。ということで、今からでも間に合う(いや、これからが本番か)ビールフェスティバルを調べてみることとした。

なお、ローカル色が強いものを好む私としては、企業開催なものよりも、地元団体による企画ものを重視した。自らの備忘色も強いがよければ参考にしていただきたい。

 

 ローカルビアフェスタ 

東京都渋谷区:恵比寿麦酒祭り2019

恵比寿とビールとは切っても切り離せない。これはもはや、誰もが知ることだろう。日本麦酒醸造会社がビール醸造場をこの地に作り、黄金の麦酒の供給を始め130年もたつというから驚きだ。日本初のビヤホール「恵比壽ビヤホール」開業から120周年という記念の年でもある本年は6つのエリアに分かれてイベント開催とその勢いを増す。
 会場:   恵比寿ガーデンプレイス
 アクセス: JR山手線、地下鉄日比谷線「恵比寿駅」徒歩5分
 日時:   9月20日(金)16:00~21:00
       21日(土)〜23日(月・祝)11:30~21:00 ※23日(最終日)のみ 営業終了は20:30
        

埼玉県川越市:コエドビール祭 2019
COEDOはWorld Beer Cup、European Beer Star Awardをはじめとした世界のアワードを多数受賞している川越でできたクラフトビールブランドである。当日は毬花 -Marihana-、瑠璃 -Ruri-などのレギュラー6銘柄に加え、イベント限定のビールも登場。1日のみ開催。
 会場:   ウェスタ川越交流広場
 アクセス: JR川越線・東武東上線「川越駅」西口より徒歩5分、西武新宿線「本川越駅」より徒歩15分
 日時:   9月23日(祝日) 12:00〜18:00 ※雨天決行

 

茨城県つくば市:つくばクラフトビアフェスト 2019

出店は県外からもあるものの、「茨城エリア」には地元ブルワリーが大集合。イベント限定で提供されるニガヨモギを使ったビールは飲んだ後に残る薬草的な苦みとハーブ由来の清涼感が特徴とのことで、極めて興味深い。
 会場:   つくばセンター広場
 アクセス: つくばエクスプレス(TX)「つくば駅」徒歩1分
 日時:   10月4 日(金)15:00~22:00 、10月5 日(土)11:00~22:00 、10月6 日(日)11:00~18:00

 

東京都府中市:むさし府中ビール祭り

武蔵の國(東京と埼玉、神奈川の一部)にのビールを中心提供されるイベント。醸造の神である松尾神社が鎮座する大國魂神社境内にて行われる。指定席も用意されているから、ゆっくり腰を据えてイベントを楽しむこともできる。5枚セットのチケット製。
 会場:   東京都府中市 大國魂神社 境内
 アクセス: 京王線「府中駅」徒歩5分、JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」徒歩5分
 日時:   10月12日(土)11:00~17:00 ※雨天決行

 

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA