映画:ボヘミアンラプソディー

みんなからの評価が高い一方で、まだ見ることができていなかった映画を飛行機内でやっと見ることができた。Queenにまつわる物語で、この作品に出てくる曲はそう言えば若かりし時、幼い時と言うのが正しいか、よく聞いたものだった。

Bohemian Rhapsodyには子ども心に、その変わった曲調に心惹かれた。大合唱の時など、一緒に声を張り上げ歌ったものだ。足踏みと手拍子、そして力強い独唱、そして震えるようなリズムではじまるWe Will Rock Youは繰り返し聞いていたっけ。Queenは未知なる存在だ。型にとらわれない。ロックだけど、ロックじゃない。かっこいいけど、それだけじゃない。

音楽はかつて聞いていたものの、クイーンの歴史、そしてリードボーカルであるFreddie Mercuryの人生、そして彼らの歌にまつわる物語について、この映画を見れば、大枠理解することができる。

本編を見た後で今一度聞いた彼らの歌声、彼らの奏でるハーモニー、彼らが伝えたいメッセージは、いままでとは少し違って聞こえ、尚更に楽しむことが出来るようになった気がする。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA