アトーチャ駅で本屋を探す

母国語以外を学習する者にとって、少しでも多くの活字に触れたり、話したり、聞いたりする機会を持つことは有意義である。その点でも旅は多くのものを与えてくれる。

滞在先のホストや宿で一緒になった人と夜な夜な話をするのは面白い。タクシーやネイルサロンなど特定時間2人きりでじっくり話せる場を得られるのもありがたい。単にサービスを受けるだけでなく、知識の獲得、意見や情報の交換もできたりと、まさに一石何鳥にもなるからだ。

更に、街を歩けば心地よい音楽がどこからともなく聞こえてくるし、バーでは快活に交わされるディスカッションを、ヨガのレッスンやアクティビティに参加すれば現地の言葉で説明を聞くことだってできる。

活字に触れるという意味でもそうだ。現地の新聞にはニュースや文化情報がわかりやすく、コンパクトにまとめられるし、本屋には現地言語の書籍が所狭しと並び、選び放題だ。

 

今回はマドリッドはアトーチャ(Atocha)駅から徒歩10分圏内とアクセスの良い書店を備忘も兼ね、書いておく。なお、La Central以外は規模は小さい。

 

Librería Central “La Central”
Ronda de Atocha, 2, 28012 Madrid
+34 917 87 87 82
 http://www.lacentral.com

Museo de Reina Sophiaに隣接している本屋。美術館の側ということもあり、芸術に関する書籍が多いイメージ。スペインの歴史などに関する本もある。また、長期滞在に際しては地下にある図書館でゆっくりと時間を使っても良さそう。

 

Librería Infantil de Cuento
Paseo de Santa María de la Cabeza, 33, 28045 Madrid
+34 912 22 48 30
 https://www.decuento.es

その名の通り子ども用の本の専門店。カラフルでかわいい絵本も多く、見ていて楽しい。大人用の本もほんの少しだけ用意されている。お土産や、家のインテリアとしての本を探すにも良さそう。

 

Librería Segunda Mano Libros&Co.
 Calle de Murcia, 16, 28045 Madrid
 +34 912 22 65 68
 https://www.libroslowcost.es

Segunda Mado、いわゆる中古の本を扱うお店。とにかく安い。複数買えばプロモーションで更にお得になる。アカデミックなものから、子ども用の本まで置いてある。ちなみにここで3冊購入。時間をかけて探せば掘り出し物に出会えるかも。主にスペイン国内だが、旅関連書籍も有り。保有書籍についてウェブでも検索できるから、事前にチェックし、お店に問い合わせして置くのも良いだろう。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA