プエルトリコ美術館に行ってみた

サントゥルセはプエルト・リコの首都サンフアンにある。ここは言わば文化の発信地として人気の場所で、多くの人がショッピングやエンターテイメント、ナイトライフや美味しい料理を楽しみに集まってくる。そして良質な美術館、おしゃれなバーやカフェ、たくさんのグラフィティーが我々の目を楽しませてくれる。

 

サントゥルセにあるプエルトリコ美術館(MAPR)を訪れみることにした。この美術館には16世紀から現在に至るまでの作品が所狭しと並べられている。この建物自体も有名で1920年代に建てられたものという。

2017年12月、常設展示とともにInterconnections (Curatorial Readings of the MAPR Collection)という特別展示が開催されており、個人的にもとても満足のいくものだった。ここではいくつかの作品をご紹介しよう。

なお、私自身がポートレートやキュビズムといった作品を特に好むことから、ここでの紹介は若干偏ったものになるかもしれないが、他にもイコンや風景画なども多く展示されており、きっとお気に入りの作品に出会えることだろう。




 

プエルトリコ美術館
299 Avenida De Diego, Santurce, San Juan, PR 00909

 行き方
オールド・サンフアンからT-3と書かれたバスに乗り、Luis A Ferré Performing Arts Center(ルイ・ア・フェレ・パフォーミング・アート・センター)そばで降りる。Avenida José de Diego(ホセ・デ・ディエゴ通り)を5分ほど歩くと、通りの右側に美術館を見つけることができる。

 TIPS
美術館の目の前の広場にはコロンビアの有名アーティストであるボテロの作品が展示されている。見落としがないよう注意してほしい。

美術館のそばにもカフェやビストロがあるから、町歩きに疲れたらここで休むのもオススメだ。(アシエンダ・サンペドロ・コーヒーショップやビストロ・デ・パリなどがある)

美術館のチケットはクレジットカードで買うこともできるし、子供用の遊びのスペースも設置されているから、家族連れでも楽しめる。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA