こけし: 十人十色

こけしをご存じだろうか。日本に伝わる民芸品の一種で、土産物としてもぴったりだ。大きさや重さも適当で、高価なものでもない。私が各国のかわいくキッチュなものを集めているということもあるが、もし私自身が日本への旅行者であったならば、間違いなくいくつかのこけしを購入し家に飾ることだろう。  

 

こけしとは

こけしはミズキ・イタヤ・サクラ・エンジュなどといった自然木を材料とし作られる人形玩具のことを言う。こけしの起源は正確には分かっていないが、もともと東北地方で子どものおもちゃとして作られたこと、そしてそれゆえ幼児が握り易いような形、大きさであった。こけしは東北地方でも特に宮城県が名産地として有名であり、江戸時代 (1600–1868)には温泉地などで土産物として売られるようになり、各地へ広まっていったものだと考えられている。

 

こけしの種類

少し大きめで丸い頭と円柱の体、そして細長い目とおちょぼ口、これが伝統的なこけしの姿だろう。一方新型こけしなるものも登場してきている。その姿形はあるものはずんぐりむっくりだが、あるものはスレンダー、あるものは大きく丸い目をしているなど千差万別になってきている。きっとあなた好みのこけしに出会えることだろう。

 

こけしの作り方

 

こけしと行事

こけしに関するイベントや展示会は時々開催されているようだ。このブログの写真も渋谷で開催されたこけし展で撮ったものだ。定期的に開催されている有名なイベントは以下の通り。

9月第1 金・土・日
秋以降の土日

宮城県
山形県

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA