初めてはお風呂から

今日偶然(今考えれば運命による必然だったかも)立ち寄った保護犬シェルター。

ボランティア活動について店長と情報交換をしていたらトントン拍子で、ここで手伝わせてもらえることとなった。

 

特に今日は計画外でやってきたワンコたちがいるということで、人手が不足しているようで、お掃除、散歩だけでなく、さらにはグルーミングの手伝いまでできることとなった。

 

諸事情で急遽保護団体に持ち込まれた犬3頭。

どんな過去があったのかは私にはわからない。

でも、生後34ヶ月のちびっこたちには何の罪もないことだけは確かで、人間だったら、自分の子どもだったら、同じことをするのだろうかという思いが頭の中を旋回した。

 

遺棄などされず本当に良かった。

その点だけは元飼い主さんに感謝である。

 

色々な思いが頭の中を駆け巡るが、一旦は目の前の小さな命に集中しよう。

大切そうに育てられていただろう形跡がこの子たちが着ている可愛らしい服から伺える。まずは服を脱がせスッポンポンにし、お風呂に入ってもらう。ちょっと汚れていそうだからね。

 

いきなり知らない人たちに囲まれて、さらにお風呂にいれられちゃうなんて怖いよと訴えかけるように、尻尾がきゅーーんと股の間に挟まっていた。ビクつきながらも我慢してお風呂に入った後は、ドライヤーの大きな音と暴風が襲いかかる。

尋常じゃないほど震え、かつびしょびしょな子を交互に抱え、落ち着いた間に柔らかい毛を乾かす私もまた大濡れで、タオルよりもむしろ私の服が水分を吸収したのではないかと思えるほどだった。

 

ごめん、ごめん。

怖くないよ。

もうちょっとの我慢だよ。リラックスぅー。

 

両者に語りかけながらも、自分にも暗示をかけ緊張をほぐす。

保護されて1日目のワンコと、ここでのボランティア1日目の新米の私。

この2頭とのはじめての出会いは、そうお風呂からだった。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA